猫のぶどう膜炎 症例①

ぶどう膜炎は眼の中の虹彩、毛様体、脈絡膜に炎症を生じる病気です。症状が悪化する場合には失明してしまう可能性もあり、早期の適切な治療が必要です。


雑種猫(雌/2歳)の一例です。
2日前から左眼だけしょぼしょぼさせているとのことで来院されました。


眼内の観察(スリットランプ)、眼圧測定、エコー検査を行い『ぶどう膜炎』と診断しました。

左眼眼内の濁り


猫のぶどう膜炎の原因として以下のものが代表的です。
①感染症
(FIV、FeLV、FIP、FeSV、バルトネラ、トキソプラズマ、真菌、寄生虫など)
②腫瘍(虹彩メラノーマ、リンパ腫、眼肉腫など)
③水晶体起因性
④外傷性
⑤特発性(原因を特定できないもの)


今回は、まず炎症を抑える治療(目薬と飲み薬)を行いました。
飼い主さんには症状が治らなかったり、ぶり返してくるようであれば感染症の検査(眼房水)を行いましょうとお伝えしました。

その後症状も改善して、ぶり返しもないため経過をみています。

猫のぶどう膜炎は原因疾患によっても治療の見通しが変わってきますが、抗炎症治療によって炎症がコントロールできる場合には治る病気です。

ただし、ウイルス感染が原因の場合には治療によりウイルスを排除することができません。
その場合、あくまで症状に対する治療が主体となります。


大和市(鶴間・南林間・中央林間)の動物病院
花岡動物病院
神奈川県大和市1-20-11
046-271-1122

   
大和市の花岡動物病院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事