t8QXr20h9Eh2RjugOO4nSdMKntS3-Gys7aqwqWquAqo
消化器の病気

犬と猫の誤飲・誤食  ヒモを飲みこんだ猫の1例 内視鏡で治療

 

犬と猫の誤飲・誤食では消化できないものを誤って食べてしまうことで、嘔吐や食欲不振を引き起こします。

胃内異物が小腸に流れて腸閉塞を引き起こしてしまうこともあります。

腸閉塞を起こした子では緊急的な処置が必要で、中には亡くなってしまう子もいます。

 

雑種猫(避妊雌/8歳)の一例

飼主さん
飼主さん
うちの子がいつも遊んでいる布のヒモが見当たらない。
飲み込んでしまったかも。

お家で布ヒモが一本見当たらないので、猫ちゃんが誤って食べてしまったかもとのことで来院されました。

普段から布ヒモが大好きでよく咥えて遊んでいるとのことでした。

 

今回は内視鏡検査を行い2m程の長い布ヒモを取り出すことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒモ状の異物は小腸内に入り込んでしまうと内視鏡では取り出せないため、腸管を切開する手術が必要になります。

今回は幸いにも異物が胃内だけに留まっていたため、内視鏡での摘出が可能でした。

飼い主さんが『ヒモが一本見当たらない』と気づけたおかげで、猫ちゃんが大事には至らなかった一例でした。

獣医
獣医
ヒモ状の異物は本当に要注意!!
ビニール袋を引き裂いたり、
布生地を引き裂いたり、
もともとヒモ状の形でなくてもイタズラ次第で細長くなるものはたくさんあります。
獣医
獣医
こんなおもちゃにも要注意。
先っぽを千切って、ヒモを飲み込んでしまうことも。
犬と猫の誤飲・誤食 スーパーボールを誤飲した犬の一例 内視鏡で治療 犬と猫の誤飲・誤食について解説しています。元気ある子(無症状)から腸閉塞を起こして嘔吐を繰り返す子まで症状は様々です。治療法は催吐処置、内視鏡、手術です。『誤飲したかも?』の場合にも早めの検査をおすすめします。ボタン・ヒモの誤飲にも要注意。...

 

大和市(鶴間・南林間・中央林間)の動物病院
花岡動物病院
神奈川県大和市1-20-11
046-271-1122