胃内異物(ヒモ状異物)

胃内異物は消化できないものを誤って食べてしまうことで、嘔吐や食欲不振を引き起こします。また食欲はあるけれど時々吐くといった軽い症状から症状もない子まで様々です。異物が消化管に詰まって腸閉塞を引き起こしてしまうこともあります。


雑種猫(避妊雌/8歳)の一例です。
お家で布紐が一本見当たらないので、猫ちゃんが誤って食べてしまったかもとのことで来院されました。普段から布紐が大好きでよく咥えて遊んでいるとのことでした。


内視鏡検査を行い2m程の長い布紐を取り出すことができました。



内視鏡画像

内視鏡にて取り出した異物(布紐)







































紐状の異物は小腸内に入り込んでしまうと内視鏡では取り出せないため、腸管を切開する手術が必要になります。
今回は幸いにも異物が胃内だけに留まっていたため、内視鏡での摘出が可能でした。


飼い主さんが『紐が一本見当たらない』と気づけたおかげで、猫ちゃんが大事には至らなかった一例でした。


大和市(鶴間・南林間・中央林間)の動物病院
花岡動物病院
神奈川県大和市1-20-11
046-271-1122



   
大和市の花岡動物病院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事