手術

犬と猫の全身麻酔 まとめ

歯石処置歯石処置やいろいろな手術に全身麻酔は欠かせません。

飼主さん
飼主さん
もう年だから麻酔はかけられないよね?
飼主さん
飼主さん
麻酔で亡くなったりする可能性がありますか?

などなど、麻酔の話をしているとよく聞ことです。

獣医
獣医
〝麻酔〟である以上、リスクは当然あります。想定していないトラブルが起こることもあります。
獣医
獣医
麻酔前の血液検査やレントゲン検査でリスクをしっかりと評価して、事前にリスクを下げるための準備をすることが重要です。

 

『100%安全な麻酔』はありません

健康な動物での一般的な手術での関連死の頻度は、犬では2000頭に1頭、猫では1000頭に1頭と言われています

 

「もう年だから麻酔は無理」??

麻酔リスクには年齢的な要因も少なからずありますが、それ以上に『健康状態』が重要です。

麻酔薬は、呼吸と肝臓で代謝されて腎臓で排泄されています。

そのため心臓、肺、肝臓、腎臓の機能に問題があると麻酔のリスクが上がります。

高齢でもこれらの機能がしっかりと維持されている場合には
『高齢だから麻酔はできない』とはなりません。

麻酔前の検査による健康状態の評価が重要です。

 

具体的な麻酔のリスク

  • 循環障害
  • 呼吸障害
  • 肝機能障害
  • 腎機能障害
  • 神経症状
  • ショック
  • 精神症状
  • 心停止
  • 麻酔薬に対するアレルギー
  • 誤嚥性肺炎
  • 膵炎  など
犬と猫の膵炎 まとめ犬猫の膵炎について動物病院の獣医師が解説しています。犬猫の膵炎の原因、症状、診断、治療、治療のみとおしについて。...

 

麻酔リスクが高くなる例

  1. 心臓に問題がある場合心臓のポンプ機能が低下して血液の循環不全を起こしやすいため
  2. 肝臓に問題がある場合麻酔薬の代謝機能が低下して麻酔効果が予測できなくなるため
  3. 腎臓に問題がある場合麻酔薬の排泄機能が低下して麻酔薬の作用•調節に影響を及ぼすため
  4. 神経に問題がある場合特に脳圧が高くなる病気の場合に、脳への血流が行きわたらなくなるため
  5. 短頭種の犬の場合特徴的な体のつくり(外鼻孔狭窄、軟口蓋過長、気管低形成など外鼻孔狭窄、軟口蓋過長、気管低形成など)により呼吸障害を起こしやすいため
  6. 肥満動物の場合胸まわりの厚い脂肪で胸が膨らみにくく、換気が悪くなりやすいため
  7. 若齢動物の場合(3ヶ月齢未満)若齢動物では麻酔に関係する様々な臓器の機能が未発達であるため
  8. 高齢動物の場合全身臓器の予備機能(急な変化に対応する力)が低下するため
短頭種気道症候群短頭種気道症候群とは? パグ、フレンチ・ブルドック、ボストンテリアといった、『短頭種』といわれる品種は頭部・頸部の特徴的な作りによ...

 

「麻酔のリスクはあるけど、手術した方がいい」といった場面はたくさんあります。

花岡動物病院ではそれぞれの麻酔リスクを出来る限り軽減できるような麻酔プロトコール(麻酔薬、循環管理、疼痛管理、体温管理)を実施しています。

大和市(鶴間・南林間・中央林間)の動物病院
花岡動物病院
神奈川県大和市1-20-11
046-272-1122