感染症

猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症【猫エイズ】 まとめ

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)とは?

猫免疫不全ウイルスは、ヒトのエイズウイルス(HIV)と類似したウイルスで、猫に免疫不全症を発症させる可能性のある病原体です。

すべての感染猫が発症するわけではありませんが、ひとたび感染するとウイルスを取り除くことができないので、猫にとっては非常に重要な感染症です。

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)の原因は?

  • 猫免疫不全ウイルスの感染
    獣医
    獣医
    家と外を行き来する猫の感染率は15〜30%といわれています

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)の感染経路は?

ほとんどが咬傷によるものです

獣医
獣医
感染力の弱い病原体なので、空気感染や接触感染はしません。

母猫から子猫へ感染するケースもあります。

ヒトには感染しません。

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)の症状は?

  1. 急性期
    👉発熱•下痢
  2. 無症候キャリア期
    👉症状なし
  3. 持続性リンパ節腫大
    👉全身のリンパ節腫大
  4. エイズ関連症候群期
    👉難治性口内炎
    👉歯肉炎
    👉上部気道炎
  5. 後天性免疫不全症候群期
    👉免疫不全に伴う日和見感染
    👉脳炎
    👉腫瘍
    👉骨髄異常に伴う貧血や血球減少

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)の診断は?

  • 血液検査(血液中の抗FIV抗体の検出)
    👉感染1〜2ヶ月では偽陰性となることがある
    👉母猫が感染猫の場合、子猫は生後12週間までは移行抗体の影響で偽陽性となることがある

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)の治療は?

  • 発症していない場合には無治療
  • 発症した場合には症状に対する治療
    👉抗炎症薬、抗生剤、抗真菌薬、駆虫薬など
  • 抗ウイルス治療
    👉効果もはっきりと分かっていない
    👉完全にウイルスを排除することはできない

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)の治療のみとおしは?

  • 発症に至ると決定的な治療法がないため、予後は悪いです。
  • 感染してもすべての猫が発症するわけではありません。
  • 他の猫への感染の広がりを防止して、ストレスを与えない環境で飼育しましょう。

多頭飼育で気をつけることは?

  • 多頭飼育している猫の中に感染した猫がいる場合には、他の子にワクチン接種をしましょう。
  • 基本的には咬傷事故がなければ感染しません。
獣医
獣医
ワクチンも100%予防できるわけではありません

猫同士の相性をみて、生活空間を分ける工夫をしてみましょう

猫白血病ウイルス(FeLV)
猫白血病ウイルス(FeLV)感染症 まとめ猫の白血病ウイルス(FeLV)感染症について動物病院の獣医師が解説しています。猫の白血病ウイルス感染症とは、原因、症状、治療、治療の見通し(予後)、予防について。...
猫 コロナ FIP
猫のコロナウイルス感染症 猫伝染性腹膜炎(FIP)と猫腸ウイルス(FECV)感染症猫のコロナウイルス感染症(猫伝染性腹膜炎【FIP】、猫腸コロナ感染症)について獣医師が解説。猫伝染性腹膜炎(FIP)の原因・症状・診断・治療・予防について。...

大和市(鶴間・南林間・中央林間)の動物病院
花岡動物病院
神奈川県大和市1-20-11
TEL:046-272-1122