猫の上部気道感染症(猫かぜ)

猫の上部気道感染症は、ウイルスなどによって引き起こされる鼻汁やくしゃみを主症状とする病気です。免疫力の弱い幼猫、ワクチン摂種を受けていない猫、他の病気にかかっている猫などに発症します。特に幼猫では重要な病気となります。

*原因
①ウイルス感染
・猫ヘルペスウイルス
・猫カリシウイルス
②細菌・クラミジア感染

*症状
①鼻汁やくしゃみ
②大量のめやに
③結膜の充血や炎症
④食欲不振、発熱など

*診断
①症状からの推測
②ウイルスの検出
③細菌の検出

*治療
①抗菌薬
②抗ウイルス薬
③対症治療(症状にあわせた治療)

*治療のみとおし
幼猫や免疫不全状態にある猫では死亡する可能性がありますが、多くの場合、症状は10〜20日程度で改善します。ウイルス感染についても適切な支持療法を行えば長生きできます。ただし、ウイルス感染症は症状改善後も猫がウイルスを保有して、ウイルスを排泄することが知られており、症状の再発や他の猫への影響を考慮しなければいけません。

*予防
猫ヘルペスウイルス1型、猫カリシウイルスに対してはワクチン摂種

   
大和市の花岡動物病院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事