食道狭窄 

食道狭窄は犬と猫の両方で起こります。主な症状は吐出(特に固形物)です。
食道の瘢痕化は重度の食道炎が関与していることが多いです。

*症状
・吐出
・食欲不振

*診断
・エックス線検査(食道造影)
・内視鏡検査

食道の狭窄とそれより前方で食道の拡張
食道造影検査 食道の狭窄
内視鏡検査:食道の狭窄

*治療
・原因の改善(主に食道炎)
・食道バルーン拡張術(内視鏡)
・胃瘻チューブ設置

食道バルーン拡張術

食道バルーン拡張術

*治療のみとおし
・狭窄の程度によっても異なります。
・軽度の食道狭窄であれば食道炎の治療+流動食によって改善することもあります。
・広範囲に渡って進行した狭窄や食道炎が長引く場合には、食道バルーン拡張術を複数回行う必要があります。


   
大和市の花岡動物病院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事