食道バルーン拡張術

花岡動物病院では食道狭窄の症例に対して食道バルーン拡張術を行っています。
内視鏡下での手術のため、体への負担も少ないです。

バルーン拡張術は内視鏡下で実施します
バルーンカテーテル
バルーンカテーテル:狭窄部位のサイズに合わせてそれぞれのバルーンサイズを選択
インフレーションデバイス:バルーンカテーテルに拡張液を注入する器具

(術式)
①内視鏡で観察しながら、食道の狭窄部にバルーンカテーテルを配置します。

内視鏡食道の狭窄部


②バルーンの中心が狭窄部位の中央に近い位置にきたら、液体によりバルーンを拡張させ、1〜2分後に収縮させます。

狭窄部の拡張中
狭窄部の拡張後

(手術の効果)
多くの場合、バルーン拡張術により吐出などの症状が改善します。ただし、狭窄の程度や原因によっては繰り返し拡張術が必要になる場合があります。

(手術に伴う危険性や合併症)
*拡張部位からの出血、食道拡張部の穿孔
 出血のほとんどは自然に止血されます。穿孔を起こした場合には胃瘻チューブの設置を行い(経口での食事をしない)、抗生剤などの投与で経過観察を行います。多くの場合は自然に穿孔部がふさがりますが、まれに手術が必要になったりする場合もあります。

   
大和市の花岡動物病院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事