消化器の病気

猫の消化器型リンパ腫 リンパ腫の種類によって治療のみとおしは全然変わってきます

猫 リンパ腫
猫のリンパ腫 まとめ猫のリンパ腫について動物病院の獣医師が解説しています。猫のリンパ腫とは?猫のリンパ腫の分類、症状、診断、治療、治療の見通し(寿命)について。...

猫の消化器型リンパ腫の分類

猫の消化器型リンパ腫は3つに分けられます。

  1. 中/高悪性度(低分化型)消化器リンパ腫
  2. 低悪性度(高分化型)消化器リンパ腫
  3. 大顆粒リンパ球(LGL)リンパ腫

猫の消化器型リンパ腫の治療のみとおし

いずれのリンパ腫も抗がん剤治療の適用になりますが、それぞれの場合で治療に反応する割合や予後(どれくらい生きられるか)が大きく変わってきます。

  1. 中/高悪性度(低分化型)消化器リンパ腫
    完全奏効率:38〜87%、生存期間(中央値):7〜10ヶ月
  2. 低悪性度(高分化型)消化器リンパ腫
    完全奏効率:56〜96%、生存期間(中央値):19〜29ヶ月
  3. 大顆粒リンパ球(LGL)リンパ腫
    完全奏効率:5%、生存期間(中央値):17日
獣医
獣医
完全奏効率とは、一時的に腫瘍が完全に消失した患者さんの割合です

このあと手術中の写真を載せています。
苦手な方はお控えください。
ホームに戻る

低悪性度(高分化型)消化器リンパ腫
雑種猫 13歳 避妊メスの1例

飼主さん
飼主さん
最近なんとなく元気がない

検査および治療

血液検査では炎症マーカー(SAA:7.0)の高値を認めました。

エコー検査では十二指腸漿膜面と連続する1.5cm大の腫瘤を認めました。
また腸管膜リンパ節の軽度腫大も認めました。

十二指腸腫瘤

FNA(針生検)で腫瘤の細胞を検査しました。
小型リンパ球を多数認めました。

FNA(針生検):小型のリンパ球
FNA(針生検):小型リンパ球

 

飼い主さんと相談の結果、診断を確定させるために手術で十二指腸の腫瘤を摘出することとしました。

十二指腸漿膜面と連続する腫瘤

 

腫瘤を含む十二指腸の一部を切除し、腸管の両端を繋ぎ合わせる手術を行いました。

病理検査およびリンパ球クローナリティー検査(遺伝子検査)にて
『低悪性度(高分化型)消化器リンパ腫』と診断しました。

手術後の治療として、
クロラムブシル(飲み薬の抗がん剤)+プレドニゾロン(ステロイド剤)の服用を続けていくこととなります。

2020年3月22日現在、手術から約8ヶ月が経ちますが、抗がん剤の副作用もなく元気に暮らしています。

これからも病気の再燃なく、長生きできることを願っています。

猫 リンパ腫
猫のリンパ腫 まとめ猫のリンパ腫について動物病院の獣医師が解説しています。猫のリンパ腫とは?猫のリンパ腫の分類、症状、診断、治療、治療の見通し(寿命)について。...

大和市(鶴間・南林間・中央林間)の動物病院
花岡動物病院
神奈川県大和市1-20-11
046-271-1122