肝胆道系・膵外分泌の病気

犬の膵炎

犬の膵炎とは?

膵炎は膵臓の炎症により消化器症状(嘔吐、下痢など)や腹痛などが認められる病気です。

消化管の中で消化液として働く膵液が、様々な理由で膵臓内で活性化してしまい、自身の膵臓を消化してしまうという怖い病気です。

膵炎は〝急性膵炎〟と〝慢性膵炎〟に分けられますが、日々の診療の中では、突然の食欲不振や下痢、嘔吐などを訴える〝急性膵炎〟によく遭遇します。

花岡動物病院において、入院治療をする犬猫で最も多いのが、この〝急性膵炎〟です。

犬の膵炎の原因は?

  • 原因は明らかになっていないことが多い。
  • 犬種(ミニチュア・シュナウザー、テリア種)
  • 肥満
  • 食事
  • 体質
  • 高脂血症
  • 薬剤
  • ストレス など
獣医
獣医
原因がはっきりしない場合が多いです

犬の膵炎の症状は?

  • 消化器症状
    👉食欲不振
    👉嘔吐
    👉下痢など
  • 腹痛
    👉〝祈りのポーズ〟
    👉抱っこした時に嫌がる
  • 重症化した場合には様々な合併症が起こる可能性
    👉黄疸
    👉止血異常
    👉腎不全
    👉糖尿病

犬の膵炎の診断は?

膵特異的リパーゼ 簡易測定キット〝陽性例〟

犬の膵炎の治療は?

膵炎の治療のみとおしは?

  • 膵炎は軽度なものから重度なものまで様々。
  • 軽度なものと油断していると急激に重篤化することもあるので、できるだけ早期に徹底的に治療を行うのが理想。
  • 黄疸、DIC(血液の病気)、糖尿病などを併発した場合には、集中的な治療を行なっても予後が悪いことがある。
  • 一度治っても再発してしまう恐れがある。食事管理などで予防。
膵炎の新しい治療薬『ブレンダZ』 花岡動物病院では膵炎の治療薬として犬膵炎急性期用抗炎症剤『ブレンダZ』を使用しています。 この薬は炎症細胞が組織(膵臓...

大和市(鶴間・南林間・中央林間)の動物病院
花岡動物病院
神奈川県大和市1-20-11
046-271-1122