t8QXr20h9Eh2RjugOO4nSdMKntS3-Gys7aqwqWquAqo
腎臓・泌尿器の病気

猫の特発性膀胱炎(FIC)

猫のおしっこに関する病気を総称して猫下部尿路疾患(FLUTD)と呼びます。

その症状として、血尿、頻尿、排尿時に痛がる、トイレ以外での排尿(不適切排尿)がみられます。

猫下部尿路疾患(FLUTD)の中には、炎症性疾患や尿石症、尿道詮子など様々な病状が含まれますが、その約6割は原因の特定できない〝特発性膀胱炎〟が関与しているといわれています。

ヨーロッパにおけるFLUTDの原因 Geber et al., J Small Anim Pract (2005)

 

猫の特発性膀胱炎(FIC)とは?

猫の下部尿路疾患(FLUTD)の症状があり、その原因疾患が特定できないものを猫の特発性膀胱炎(FIC)と呼びます。

猫の特発性膀胱炎(FIC)の特徴は?

  1. 若〜中齢の猫に多い
  2. オス、メスの発生率の差はない
  3. 品種間での発生率の差はない
  4. ほとんどの猫が治療の有無に関わらず4〜7日で自然に治る
  5. 1年以内に半数が再発
  6. ストレスが関係している

猫の特発性膀胱炎(FIC)の原因は?

  • 大きな原因としてストレスが関与していると言われている
  • 副腎の異常、交感神経系の異常、膀胱壁の異常が原因などとの説もあるが、
    まだまだ分かっていないことが多い。

猫の特発性膀胱炎(FIC)の診断は?

  • 除外診断
    👉尿路結石尿道詮子、細菌性膀胱炎などの病気を除外

猫の特発性膀胱炎(FIC)の治療は?

  1. ストレス軽減&環境改善
    👉トイレを大きく&キレイにする
    👉隠れる場所・遊び場所を作る  など
  2. 食餌の変更
    👉Wet Foodに変更(水分摂取量を増やす)
    👉療法食(猫の下部尿路疾患用フード)
  3.  猫フェイシャル・フェロモン
    👉『フェリウェイ』など
  4. 薬による治療
    👉三環系抗うつ薬(アミトリプチリン、クロミプラミン)
    👉プレドニゾロン
    👉グリコサミノグリカン
    👉鎮痛剤

猫の特発性膀胱炎(FIC)の治療のみとおしは?

数日で症状が治ることが多いです。
しかし、ほとんどの場合に再発を繰り返します。

獣医
獣医
ばっちりと完治させることは難しいです。
再発の頻度や症状の重さを抑えてあげることが目標です
排尿障害 〝何度もトイレにいく〟〝オシッコの姿勢をするけど出ない〟などは病気のサインです 『頻繁におしっこの姿勢をするが出ない』 『排尿に時間がかかり、少量しか出ない』 『常に陰部をなめている』 など...

 

大和市(鶴間・南林間・中央林間)の動物病院
花岡動物病院
神奈川県大和市1-20-11
046-271-1122