血液検査

犬猫の血液検査 ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)

飼主さん
飼主さん
血液検査で肝臓の数値(?)が悪いといわれたけど・・・
飼主さん
飼主さん
肝臓の病気以外の時にも数値の異常が出るって言ってたような・・・
獣医
獣医
動物病院での説明を、ちゃんと覚えておくのは難しいですよね
獣医
獣医
ざっくり言うと、ALTは肝臓の数値です。
ただし、その他にもALTの数値に影響してくる病気や体の状態があります。
獣医
獣医
動物病院で説明している内容をメモしておきます

ALTの正常値は?

犬:<100U/L
猫:<80U/L

獣医
獣医
動物病院で使っている血液検査の機械によって、多少の数値の違いがあります。

ALTが高くなる場合は?

肝臓の病気の場合
  • 胆管肝炎
  • 胆管炎
  • 慢性肝炎
  • 猫伝染性腹膜炎
  • 腫瘍
    👉肝細胞癌
    👉リンパ腫
    👉肝転移を起こした腫瘍
  • 外傷  など
肝臓以外の病気の場合
  • 副腎皮質機能亢進症
  • 甲状腺機能亢進症(猫)
  • 炎症疾患(膵炎など) など
薬の影響の場合
  • グルココルチコイド
  • NSAID(非ステロイド系抗炎症薬)
  • ケトコナゾール
  • ジアゼパム  など
アーチファクトの場合
  • 溶血
  • 高脂血症

ALTが低くなる場合は?

  • 慢性肝疾患
  • 栄養欠乏
    👉ビタミンB
    👉亜鉛
犬と猫の膵炎 まとめ犬猫の膵炎について動物病院の獣医師が解説しています。犬猫の膵炎の原因、症状、診断、治療、治療のみとおしについて。...
血液生化学検査 花岡動物病院では下記の検査機器を用いて血液生化学検査を行っています。 腎臓を評価する時の検査指標 ...

 


大和市(鶴間・南林間・中央林間)の動物病院
花岡動物病院
神奈川県大和市1-20-11
046-271-1122