腫瘍

犬の口腔内腫瘍 まとめ

犬 口腔内腫瘍
飼主さん
飼主さん
口臭が気になって動物病院に連れて行ったら、口の中の腫瘍と診断されました。
獣医
獣医
口の中の腫瘍は普段気づけないことが多いです。
口臭やご飯が食べづらそうとの主訴で発見されることが多いです。

腫瘍の性質によっても治療法や治療のみとおし(予後)が変わってきます。
犬の口腔内腫瘍について解説していきます。

犬の口腔内腫瘍とは?

口腔内悪性腫瘍は普段の診療でも比較的よく遭遇する腫瘍の1つです。
犬の悪性腫瘍の6%を口腔腫瘍が占めているといわれています。
犬で最も多い口腔腫瘍は悪性黒色腫、扁平上皮癌、線維肉腫、棘細胞性エナメル上皮種です。

犬の口腔内腫瘍の症状は?

  • 口臭
  • 流涎
  • 嚥下障害
  • 出血
  • 体重減少
  • 開口時の痛み
  • 眼球突出
  • 顔面の非対称

犬の口腔内腫瘍の診断は?

  • 口腔内の観察(鎮静や麻酔が必要になる場合もある)
  • 細胞診
    👉口腔内は二次的な炎症・感染・壊死を起こしていることが多いので、細胞診でうまく診断できないこともある
  • 切除生検
    👉確定診断
  • リンパ節の触診および細胞診
    👉リンパ節転移があるかチェック
  • レントゲン検査
    👉骨浸潤があるかチェック
    👉肺転移があるかチェック
  • CT検査
    👉原発腫瘍のチェック
    👉全身の転移をチェック

犬の口腔内腫瘍の治療は?

  • 治療の中心は外科手術と放射線
  • 外科手術
    👉切除範囲は病変の位置と大きさによって変わる
    👉ほとんどの症例では骨切除が必要
  • 放射線治療
    👉放射線単独での根治は難しい
    👉支持治療
    👉不完全切除や辺縁切除を実施した場合の補助治療
  • 化学療法(抗がん剤治療)

犬の口腔内腫瘍の治療のみとおしは?

腫瘍の種類、臨床ステージ、発生部位、組織学グレードなどによって治療のみとおしは大きく変わってきます。

犬 メラノーマ
犬の口腔内悪性黒色腫(メラノーマ) まとめ犬の口腔内悪性黒色腫(メラノーマ)について獣医師が解説しています。犬の口腔内悪性黒色腫(メラノーマ)の発症、症状、診断、治療、治療の見通し(予後)について解説。...