血液検査

犬猫の血液検査 Glu(グルコース:血糖値)

犬猫 グルコース
飼主さん
飼主さん
血液検査で血糖値が高いといわれました。
糖尿病??
獣医
獣医
糖尿病以外でも血糖値が高くなる場合があります。

例えば、猫ちゃんの場合には、採血時のストレスで一過性に血糖値が高くなることがあります。

犬猫のGLU(グルコース:血糖値)とは?

血糖値とは血液中に含まれるグルコース(ブドウ糖)の濃度のことです。

食事中に含まれる炭水化物が消化吸収されてグルコース(ブドウ糖)に変わります。

グルコース(ブドウ糖)は全身の細胞のエネルギーとして利用されており、特に脳や赤血球はグルコース(ブドウ糖)のみをエネルギー源として利用しています。

犬猫のGlu(グルコース:血糖値)の正常値は?

  • 犬:60〜120mg/dl
  • 猫:75〜160mg/dl
獣医
獣医
動物病院で使っている血液検査の機械によって、若干の数値のばらつきがあります。

犬猫のGlu(グルコース:血糖値)が高くなる場合は?

  • 膵炎
  • 食後
  • 腎機能不全
  • 猫のストレス性
  • 内分泌疾患
    👉糖尿病
    👉末端巨大症
    👉副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
    👉クロム親和性細胞腫
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)誘発性
    👉発情静止期
    👉泌乳
    👉妊娠
  • 薬剤
    👉エストロゲン
    👉グルココルチコイド
    👉サイアザイド系利尿薬  など

犬猫のGlu(グルコース:血糖値)が低くなる場合は?

  • 多血症
  • 腎不全
  • 敗血症
  • アーチファクト(検査上のエラー)
    👉採血してから検査するまでに時間がかかった場合
  • 内分泌疾患
    👉副腎皮質機能低下症(犬)
    👉下垂体機能低下症
    👉インスリノーマ
  • 肝性
    👉肝硬変
    👉肝臓壊死(感染/中毒/外傷)
    👉門脈体循環シャント(先天性/後天性)
  • 特発性
    👉若齢性
    👉新生子
  • 腫瘍
    👉肝臓の平滑筋腫/平滑筋肉腫
    👉肝臓/脾臓の血管肉腫
    👉肝細胞癌
    👉膵臓腫瘍  など
  • 薬剤
    👉インスリン
    👉キシリトール
    👉エチレングリコール
    👉エタノール
    👉β遮断薬(プロプラノールなど
    👉同化ステロイド
  1. Alex Gough Differential Diagnosis In Small Animal Medicine
  2. CAP セミナーシリーズ
    勤務獣医師のための臨床テクニック