血液検査

犬猫の血液検査 Na(ナトリウム)

犬猫 ナトリウム
飼主さん
飼主さん
血液検査で電解質(ミネラル)の数値の異常があると言われました。
電解質って何?
獣医
獣医
電解質とは血液や体液に含まれる、Na(ナトリウム)、Cl(クロール)、K(カリウム)、Ca(カルシウム)、Mg(マグネシウム)などのことで、栄養素のミネラルに属します。
獣医
獣医
電解質の中のNa(ナトリウム)に異常をきたす場合についてメモしておきます。

犬猫の血液検査 Na(ナトリウム)とは?

ナトリウムとは、体の水分の保持や浸透圧の調整を行なっている電解質です。

犬猫の血液検査 Na(ナトリウム)の正常値は?

  • 犬:140〜152mmol/l
  • 猫:146〜155mmol/l
獣医
獣医
動物病院で使っている血液検査の機械によって、若干の数値のばらつきがあります。

犬猫の血液検査 Na(ナトリウム)が低くなる場合は?

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 高血糖
  • 高脂血症
  • 副腎皮質機能低下症(アジソン病)
  • 腹水を伴う肝疾患
  • 滲出液を伴うネフローゼ症候群
  • 過水和
  • 膵炎
  • 腎不全
  • 腹膜炎
  • 尿腹症(尿管・膀胱破裂)
  • 胸水
  • 利尿剤      など

犬猫の血液検査 Na(ナトリウム)が高くなる場合は?

  • 水分の欠乏
    👉糖尿病(浸透圧利尿に続発)
    👉胃腸管の異常(嘔吐、下痢、小腸閉塞)
    👉腎不全
    👉尿崩症
  • 摂取量の増加
    👉副腎皮質機能亢進症
    👉高アルドステロン症       など
  1. Alex Gough Differential Diagnosis In Small Animal Medicine
  2. CAP セミナーシリーズ
    勤務獣医師のための臨床テクニック
  3. シンプル生理学