症状

犬猫の高血圧 まとめ

飼主さん
飼主さん
犬や猫も血圧が高くなることはありますか?
獣医
獣医
はい、犬猫も高血圧を起こすことがあります。

犬猫の場合には、基礎疾患(おおもとの病気)があって高血圧を起こすことが一般的です。

反対に、人では原因疾患がない、もしくは特定出来ない高血圧が約90%といわれています。

犬猫の血圧 測定方法は?

  1. 観血法
  2. 非観血法
    👉普段の臨床現場ではこちらが一般的
獣医
獣医
検査を嫌がる場合には、正確な測定が難しいこともあります。

犬猫の血圧 正常値は?

  • 収縮期血圧(最高血圧) 100〜150 mmHg
  • 拡張期血圧(最低血圧) 60〜100 mmHg

犬猫の血圧 高血圧の目安は?

  • 収縮期血圧(最高血圧) >150 mmHg
  • 拡張期血圧(最低血圧) >95 mmHg
獣医
獣医
人では収縮期血圧が140以上、拡張期血圧が90以上で高血圧と診断されます。

よく、『上が140、下が90』などと表現します。

犬猫の血圧 高血圧を起こす病気は?

さらに詳しく・・・
  1. 副腎の病気
    👉副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
    👉高アルドステロン症
    👉クロム親和性細胞腫
  2. 貧血
  3. 中枢神経系疾患
  4. 内分泌疾患
    👉末端肥大症
    👉糖尿病(犬)
    👉高エストロゲン症
    👉甲状腺機能亢進症(猫)
  5. 血液高粘稠度
    👉高グロブリン血症
    👉多血症
  6. 腎疾患
    👉腎動脈疾患
    👉腎実質性疾患
    ・アミロイド症
    ・糸球体腎炎
    ・糸球体硬化症
    ・腎盂腎炎
  7. 甲状腺疾患
    👉甲状腺機能亢進症(猫)
  8. 薬剤
    👉エリスロポエチン
    👉コルチコステロイド  など
犬のクッシング症候群 まとめ犬のクッシング症候群についてブログで解説しています。クッシング症候群の症状や検査、薬、食事、寿命などについて説明します。...
猫 甲状腺機能亢進症
猫の甲状腺機能亢進症 まとめ猫の甲状腺機能亢進症について獣医師が解説。猫の甲状腺機能亢進症とは、猫の甲状腺機能亢進症の発症、原因、症状、診断、治療、治療のみとおしについて。...

犬猫の血圧 高血圧の合併症は?

  1. 腎臓
    👉多飲多尿
    👉体重減少
    👉食欲不振
    👉嘔吐
    👉蛋白尿

  2. 👉突然の失明
    👉瞳孔散大
    👉眼内出血
  3. 中枢神経
    👉痙攣発作
    👉虚脱
    👉抑鬱
    👉眼振
    👉斜頸
    👉運動失調
  4. 心臓血管系
    👉運動不耐性
    👉呼吸不全
    👉心雑音
    👉不整脈

犬猫の血圧 高血圧の治療は?

  1. 基礎疾患(おおもとの病気)の治療
  2. 体重のコントロール
    👉特に犬では肥満犬に多い
  3. 薬でのコントロール
    👉降圧剤

 

  1. Alex Gough Differential Diagnosis In Small Animal Medicine