血液検査

犬猫の血液検査 K(カリウム)

飼主さん
飼主さん
血液検査で電解質(ミネラル)の数値の異常があると言われました。
電解質って何?
獣医
獣医
電解質とは血液や体液に含まれる、Na(ナトリウム)、Cl(クロール)、K(カリウム)、Ca(カルシウム)、Mg(マグネシウム)などのことで、栄養素のミネラルに属します。
獣医
獣医
電解質の1つ、K(カリウム)に異常をきたす場合についてメモしておきます。

犬猫の血液検査 K(カリウム)とは?

K(カリウム)は体内に存在する電解質の1つです。

体内のカリウムのほとんどは細胞内に存在しています。

細胞内液の浸透圧の調整、神経の興奮、筋肉の収縮、体液のPHバランスの調整などの働きをしています。

犬猫の血液検査 K(カリウム)の正常値は?

  • 犬:3.6〜5.8mmol/l
  • 猫:3.7〜4.6mmol/l
獣医
獣医
動物病院で使っている血液検査の機械によって、若干の数値のばらつきがあります。

犬猫の血液検査 K(カリウム)が低くなる場合は?

  • 食事
    👉食事摂取量の減少
  • 内分泌疾患
    👉糖尿病
    👉副腎皮質機能亢進症 など
  • 体外への喪失
    👉慢性腎不全
    👉利尿(糖尿病・利尿薬)
    👉胃腸管からの喪失(下痢・嘔吐)など
  • 薬剤
    👉インスリン
    👉利尿剤
    ・サイアザイド
    ・フロセミド
    ・ミネラルコルチコイド

猫の血液検査 K(カリウム)が高くなる場合は?

  • 尿排泄の減少
    👉急性腎不全
    👉腎後性腎不全
    👉膀胱破裂/尿腹症
    👉副腎皮質機能低下症(犬) など
  • Kの移動
    👉アシドーシス
    👉糖尿病/糖尿病性ケトアシドーシス
    👉腫瘍崩解症候群
    👉再灌流障害
    ・挫傷
    大動脈血栓塞栓症
  • 薬剤/毒素
    👉ACE阻害剤
    👉エチレングリコール
    👉スピロノラクトン
    👉トリロスタン
    👉β遮断薬  など
  1. Alex Gough Differential Diagnosis In Small Animal Medicine
  2. CAP セミナーシリーズ
    勤務獣医師のための臨床テクニック
  3. シンプル生理学