血液検査

犬猫の血液検査 コルチゾール

犬猫 コルチゾール
飼主さん
飼主さん
血液検査でコルチゾールというホルモンが高くて、クッシング病と診断されました。
獣医
獣医
コルチゾールは副腎という臓器から分泌されるホルモンです。

このホルモンが過剰に分泌されるとクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)を疑います。

反対に、このホルモンの分泌が少ないときには、アジソン病(副腎皮質機能低下症)を疑います。

犬のクッシング症候群 まとめ犬のクッシング症候群についてブログで解説しています。クッシング症候群の症状や検査、薬、食事、寿命などについて説明します。...
犬の副腎皮質機能低下症 アジソン病
犬の副腎皮質機能低下症(アジソン病) まとめ犬の副腎皮質機能低下症(アジソン病)について動物病院の獣医師が解説しています。犬の副腎皮質機能低下症(アジソン病)とは、症状、検査(診断)、治療、治療のみとおし(予後)について。...

犬猫の血液検査 コルチゾールとは?

コルチゾールは副腎皮質から分泌されるホルモンで、糖質コルチコイドの1種です。

主に以下の働きをする生体には欠かせない重要なホルモンです。

①肝臓での糖の新生およびグリコーゲン合成促進
②筋肉での蛋白質代謝
③抗炎症
④免疫抑制

イメージとしては『体を元気にするホルモン』です。

獣医
獣医
コルチゾールはステロイド系の炎症薬としてもよく使われます。

犬猫の血液検査 コルチゾールの正常値は?

  • 犬:1.0〜5.0μg/dl
  • 猫:1.0〜10.0μg/dl

犬猫の血液検査 コルチゾールが増加する場合は?

  • 重度/慢性疾患
  • ストレス
  • アーチファクト
    👉グルココルチコイドとの交差反応
    ・プレドニゾロン
    ・プレドニゾン
    ・コルチゾン  など
  • 副腎皮質機能亢進症
    👉副腎依存性
    👉下垂体依存性
  • 薬剤
    👉抗痙攣薬

犬猫の血液検査 コルチゾールが減少する場合は?

  1. Alex Gough Differential Diagnosis In Small Animal Medicine
  2. シンプル生理学