血液検査

猫の血液型 まとめ

猫 血液型
飼主さん
飼主さん
猫にも血液型があるのですか?
獣医
獣医
はい、猫にも血液型があります。

猫の血液型は『A型』、『B型』、『AB型』の3種類が知られています。

猫の血液型

猫の血液型は『A型』、『B型』、『AB型』の3種類が知られています。
母猫と父猫から受け継ぐ遺伝子の組み合わせて決まります。

ヒトでは〝A型遺伝子〟〝B型遺伝子〟〝O型遺伝子〟の組み合わせで血液型が決まります。
『AB型』は両親から〝A型遺伝子〟と〝B型遺伝子〟を受け継いで発現します。

猫では〝A型遺伝子〟〝B型遺伝子〟〝AB型遺伝子〟の組み合わせで血液型が決まります。

猫の場合、〝AB型遺伝子〟は独立した遺伝子で、『AB型』は両親から〝AB型遺伝子〟と〝AB型遺伝子〟を受け継いだ場合と〝AB型遺伝子〟と〝B型遺伝子〟を受け継いだ場合に発現します。

獣医
獣医
猫ではO型はありません。
『A型』の組み合わせ
  • A/A
  • A/B
  • A/AB
『B型』の組み合わせ
  • B/B
『AB型』の組み合わせ
  • AB/AB
  • AB/B
獣医
獣医
日本の猫では80〜90%はA型と言われています。B型は約10〜20%で、AB型は非常に稀です。

猫種による血液型の割合

ほとんどが『A型』
  • シャム
  • ロシアンブルー
  • オシキャット
  • アメリカンショートヘア
  • トンキニーズ
  • バーミーズ
  • オリエンタルショートヘア
15〜30%くらいが『B型』
  • アビシニアン
  • ソマリ
  • ペルシャ
  • スコティッシュ・フォールド
  • バーマン
  • スフィンクス
30%以上が『B型』
  • ブリティッシュショートヘア
  • デボンレックス
  • コーニッシュレックス

猫の輸血の組み合わせ

猫ではB型にA型の輸血をすると非常に強い溶血性の副作用を引き起こします。
命にも関わる重大な副作用です。

猫の輸血の組み合わせ
血をあげる猫
(供血猫)
A型 B型 AB型

血をもらう猫
(受血猫)

A型 ⭕️
B型 ⭕️
AB型 ⭕️ ⭕️ ⭕️
獣医
獣医
血液をもらう猫がB型の場合には、輸血の確保に苦労することがあります。

犬 血液型
犬の血液型 まとめ犬の血液型について動物病院の獣医師が解説しています。犬の血液型の種類、輸血で重要となる血液型判定について。...