血液の病気

犬猫の輸血のリスク 〝輸血副反応〟

犬猫の輸血 副作用
飼主さん
飼主さん
うちの犬が貧血で輸血が必要と言われました。

輸血をするのにもリスクがあると聞いたけど・・・

獣医
獣医
輸血は治療効果が大きい反面、様々な副反応が懸念されます。

輸血前に血液適合試験を行ったり、輸血中も全身状態をこまめにモニターすることで輸血のリスクを最小限に抑えることが重要です。

飼主さん
飼主さん
副反応・・・

副作用みたいなもの?

獣医
獣医
はい、意味はほとんど同じです。

医薬品などによる『副作用』とは区別するために、ワクチンや輸血では『副反応』という言葉を使います。

犬猫の輸血のリスク 輸血副反応とは?

輸血副反応には、不適合な血液に対する反応として起こる〝免疫学的副反応〟と、他の原因による〝非免疫学的副反応〟の2つがあります。

猫の免疫学的副反応
  • 特に赤血球型(血液型)不適合による溶血性副反応が重要
  • 特にB型猫にA型の血液を輸血した場合は深刻
  • 発熱、嘔吐、嗜眠、などの症状
  • 適切な処置が出来なければ死亡することもある
犬の免疫学的副反応
  • 特に赤血球型(血液型)不適合による溶血性副反応が重要
  • 犬では過去に不適合輸血を受けたことがあり、再度同じ型の輸血を受けると起こる
  • 不安、流涎、失禁、嘔吐、ショック、時に急死などの症状
  • 初めての輸血ではほとんど起こらない
  • 急性溶血反応は輸血を開始してから遅くても24時間以内に発症
犬猫の非免疫学的副反応
  • 過剰輸血による循環血液量増加
  • 感染症の移行
  • 汚染血液による敗血症
  • 肺血栓塞栓症

犬猫の輸血副反応 対処法

  • 輸血の中止
  • 症状に応じた対応
  • 副腎皮質ホルモン剤や抗アレルギー剤など
獣医
獣医
輸血中に外貌の変化、体温、呼吸数をこまめにモニターして、副反応の出始めを見逃さないことが重要です。

犬猫の輸血副反応 予防法

  • 特に注意が必要な溶血性副反応は血液型判定と交差適合試験(クロスマッチ)でリスクを減らす
    👉犬では赤血球抗原DEA1.1の有無
    👉A抗原、B抗原の有無
    👉交差適合試験(クロスマッチ)で主反応、副反応の有無
  • ドナー(供血犬猫)の選定
    👉感染症がない
  • 輸血の手技
    👉スムーズな採血で溶血や凝固を起こさない
    👉細菌汚染や血液の劣化に注意
獣医
獣医
どんなに注意しても、100%予防できるわけではありません。
犬 血液型
犬の血液型 まとめ犬の血液型について動物病院の獣医師が解説しています。犬の血液型の種類、輸血で重要となる血液型判定について。...
猫 血液型
猫の血液型 まとめ 猫の血液型 猫の血液型は『A型』、『B型』、『AB型』の3種類が知られています。 母猫と父猫から受け継ぐ遺伝子の...
  • SA Medicine Vol.16 No.5 2014
    『輸血・輸血副反応のインフォームドコンセントのために』