症状

犬猫の運動不耐性 『疲れやすい』

犬猫 疲れやすい
飼主さん
飼主さん
最近うちの犬が散歩に行くとすぐに疲れちゃいます。

以前は散歩大好きだったのに・・・歳かな?

獣医
獣医
運動しなくなったり、運動してもすぐに疲れることを『運動不耐性』と言います。

運動不耐性のときに一番に疑うのは心臓の病気です。

ただし、それ以外にも運動不耐性を引き起こす病気はたくさんあるのでメモしておきます。

犬猫の運動不耐性とは

運動を嫌がる、運動するとすぐに疲れてしまうなどの症状を示すことを『運動不耐性』と言います。

『歳のせいかな』と何となく見過ごされがちですが、何か病気が隠れている可能性があります。

『最近何となく元気がない』といったことから始まり、
『今までは散歩が大好きだったのに、あまり歩かなくなった』
などで気づくことがあります。

犬猫の運動不耐性を引き起こす病気

  1. 心臓血管系疾患
    👉不整脈
    👉うっ血性心不全
    ・僧帽弁閉鎖不全症など
    👉心筋症
    猫の肥大型心筋症など  など
  2. 呼吸器疾患
    👉特発性肺線維症
    👉胸水
    👉肺水腫
    👉上部気動閉塞
    気管虚脱 など   など
  3. 代謝性/内分泌疾患
    👉貧血
    👉甲状腺機能亢進症(猫)
    👉甲状腺機能低下症(犬)
    👉副腎皮質機能低下症(アジソン病)(犬)
    👉低血糖症  など
  4. 神経筋/骨格筋疾患
    👉重症筋無力症
    👉ミオパシー
    ・先天性
    ・低カリウム血症
    ・中毒
    👉多発性関節炎
    👉多発性筋炎   など
  5. 薬剤
    👉低血圧を起こす薬剤
    👉インスリンの過剰投与(低血糖)   など
  • Differential Diagnosis in Small Animal Medicine