血液検査

犬猫の血液検査 SDMA 〝腎不全の早期発見のために〟

犬猫 SDMA
飼主さん
飼主さん
うちの猫が血液検査でSDMAが高いといわれました。

腎不全の可能性があるといわれたけど・・・

獣医
獣医
SDMAは腎機能を評価するための項目です。

日本では2016年から検査が可能となった比較的新しい検査項目です。

これまでの血液検査項目(Cre)に比べて、腎機能の異常を早期に検出できるといわれています。

犬猫の血液検査 SDMAとは?

SDMAは腎臓の糸球体濾過率(GFR)の指標となる血液検査項目です。腎臓がしっかりと働いているかを評価することができます。

日本では2016年からIDEXX社にて測定ができるようになった、比較的新しい血液検査項目です。

これまでの腎機能を評価する検査(Cre、BUN、尿検査)に追加することで、慢性腎不全などの腎疾患を早期に発見出来るようになりました。

  1. 腎機能(糸球体濾過率)を正確に評価出来る
  2. 慢性腎臓病(CKD)においてCre(クレアチニン)よりも早期に上昇
    👉SDMAは腎機能が平均40%喪失した時点で上昇
    👉Cre(クレアチニン)は腎機能が約75%喪失するまで上昇しない
  3. 筋肉量に影響を受けずに腎機能を評価できる
    👉Cre(クレアチニン)は筋肉量に影響されすい。
    痩せた犬猫ではCreは下がり、筋肉量の多い犬猫ではCreは上がる傾向
獣医
獣医
クレアチニンと比較して、SDMAでは犬で平均9.5ヶ月、猫で17ヶ月早く腎臓病を発見出来る可能性があります。

犬猫の慢性腎臓病 IRISステージ分類

参照 IDEXX社 〝IRIS CKD ガイドライン〟