消化器の病気

犬の線維反応性腸症 〝下痢の食事治療〟 まとめ

犬 線維反応性腸症 下痢
飼主さん
飼主さん
うちの犬が下痢で困っています。
色々と治療をしているんですが、なかなか効果がなくて・・・
獣医
獣医
慢性的な下痢をしている犬で、食物線維が多く入った食事を与えると下痢をうまくコントロールできる場合があります。

これを〝線維反応性腸症〟と言います。

犬の線維反応性腸症とは?

慢性的な大腸性下痢を繰り返す犬の中には、食物線維を含んだ食餌を与えることによって、下痢のコントロールが可能になる場合があります。

これを〝線維反応性腸症〟と診断します。

食物線維を加えることで、糞便量が増加して正常な結腸運動のための重要な刺激となります。

そして、結腸の運動性が改善され、下痢症状が改善するのではないかと考えられています。

犬の線維反応性腸症の発症は?

  • 中年齢犬が多い

犬の線維反応性腸症の原因は?

  • よく分かっていない
  • ストレスとの関連があるかも
    👉生活環境の変化 など

犬の線維反応性腸症の症状は?

  • 鮮血便
  • 粘液を伴う便
  • しぶり
  • 下痢
  • 時々嘔吐や食欲低下

犬の線維反応性腸症の診断は?

  • 除外診断
    (下痢を起こす他の病気がない)
  • 食物線維を付加した食餌で症状が改善
獣医
獣医
下痢を起こす病気はたくさんあります。
大腸性の下痢であれば、まずは〝特発性大腸炎〟と仮診断して、一般的な大腸炎治療や食餌の変更を行います。

線維食への変更でうまく症状がコントロールできる場合には線維反応性腸症と診断します。

犬の線維反応性腸症の治療は?

  • 食物線維を加えた消化に良い食餌
    👉療法食
    ・w/d(ヒルズ社)
    ・腸内バイオーム(ヒルズ社)
    ・消化器サポート 高線維(ロイヤルカナン社) など 
    👉サイリウム(オオバコ線維)の添加
    ・metamucil (大さじ1〜3杯/日) など

犬の線維反応性腸症の治療の見通し(予後)は?

  • 食餌治療を減量したり、完全に中止できることもある。
  • 中には、長期間食餌治療を必要とする場合もある。
  • Small Animal Gastroenterology