肝胆道系・膵外分泌の病気

犬猫の肝性脳症 まとめ

犬猫 肝性脳症
飼主さん
飼主さん
うちの猫がフラフラして涎を垂らすようになりました。

血液検査で『肝性脳症』の疑いがあるといわれたけど・・・

獣医
獣医
肝臓で解毒できなくなった毒素が脳に悪さをして、神経症状などを引き起こす場合を『肝性脳症』と言います。

犬猫の肝性脳症とは?

肝臓にはアンモニアなどの毒素を解毒する機能があります。

しかし、肝炎、肝硬変、門脈体循環シャントなどの病気では、本来肝臓で解毒される毒素が十分に解毒されなくなります。

そうして、血液中に毒素が増加して、最終的に脳まで達すると、意識障害や発作などの神経症状を引き起こします。

これを『肝性脳症』と呼びます。

肝性脳症の発生に関与する物質
  • アンモニア(MH3)
  • メルカプタン
  • 短鎖脂肪酸
  • スカトール
  • インドール
  • 芳香族アミノ酸

犬猫の肝性脳症の原因は?

  • 肝炎
  • 肝硬変
  • 肝リピドーシス(猫)
  • 門脈体循環シャント
  • 先天性代謝異常(先天性尿素回路酵素欠損症)  など

犬猫の肝性脳症の症状は?

全般的な症状
  • 元気低下
  • 食欲低下
  • 嘔吐
  • ぐったりしている
  • 多飲多尿
  • 流涎 など
神経症状
  • 意識障害
    👉ボーッとしている
    👉呼びかけなどにほとんど反応がない
    👉昏迷・昏睡  など
  • 震戦(体の震え)
  • 歩行異常
    👉ふらつく
    👉立てない
  • 頭を押し付ける行動
  • 旋回運動
  • 無目的に歩き回る
  • けいれん発作 など

犬猫の肝性脳症の診断は?

  • 血液検査
    👉食前食後のアンモニア(NH3)測定
    👉食前食後の総胆汁酸(TBA)測定
    👉肝酵素
  • レントゲン検査
  • エコー検査
  • 尿検査
  • CT検査
獣医
獣医
肝性脳症を診断できるのはアンモニア(NH3)測定だけです。

その他の検査は肝性脳症を引き起こす病気を見つけるための検査です。

犬猫の肝性脳症の治療は?

初期治療
  • 原因となる病気の治療
  • 輸液 治療
    👉アルカローシスに注意
    👉低カリウムに注意
  • 浣腸
    👉薄めたラクツロース
継続的な管理
  • 原因となる病気の治療
  • 療法食
    👉低タンパク質
    👉高炭水化物食
  • ラクツロースの内服
  • 抗生物質
    👉アモキシリン
    👉メトロニダゾール  など

犬猫の肝性脳症の治療の見通し(予後)は?

肝性脳症を引き起こす原因によって予後は大きく変わってきます。

まずは肝性脳症の状態からの離脱を目指しますが、同時に原因となる病気に対して適切な治療を行うことが必要です。

  • Small Animal Gastroenterology
  • Small Animal Internal Medicine 4th